87blog

タネから育てたアスパラガス

タネから育てたアスパラガス

ニョキ~っと勢い良く伸びたアスパラガスを畑で発見。収穫のチャンスです!
春のこの時期、アスパラの新芽はすごい勢いであっという間に伸びるので、畑にマメに行かないと収穫のタイミングを逃してしまいます。これまで何度悔しい思いをしたことか...。食べ頃を見つけたら、速攻で刈り取りますよ。

タネから育てたアスパラガス
このアスパラはタネから栽培した株で今年で5歳です。太くて立派なものが採れるようになりました。

アスパラはタネから栽培すると収穫までに3年くらいかかるので、一般的には地堀苗を買って植えることが多いようです。でも、私は日ごろ山野草の実生栽培をしていて3年くらいはごく普通のことなので、別段苦にも感じなかったのでした。というか、私は種まきが好きなんです。
タネから育てるのは時間と手間がかかりますが、メリットもあります。苗が安くたくさんできるし、その土地に合った強い株を選別できます。冷涼地で栽培された苗を温暖な地に植えるよりも、タネから作り自分の土地に合った強い苗を選別した方が良い作物が得られるのではと思うのです。

アスパラガスの種子(ダイソー)
で、これが元のタネね。by ダイソーです。
100均の種子は入り数が少量ですが、小規模な家庭菜園では一度で使いきれて都合が良いです。安くてもちゃんと芽が出るしね。

アスパラガスの種子
▲真っ黒の硬いタネ。2009年の春に播種しました。

アスパラガスの苗(実生)
▲発芽から3週間くらいの苗。(2009年5月14日撮影。)
10cmくらいのヒョロヒョロの苗です。

アスパラガスの種子(ダイソー)
▲播種から半年後。1mくらいに成長。(2009年10月19日撮影。)

アスパラガスの種子(ダイソー)
▲播種から1年後の春。収穫はあともう1年我慢。(2010年3月20日撮影。)

アスパラガスの苗(実生)
▲と言いながら、1本だけ夏に収穫してみたりして。(2010年8月15日撮影。)

そしてその後は、花が咲いたり実がなったりしました。(写真は失念。)
アスパラは雌雄異株ですが、花が咲くまでは雌雄の判別ができません。
見た目は雌株の方が太いのですが、収穫量が多いのは雄株の方です。なので、私は花が咲いた後に選別し雄株だけを残しました。

5年の間に畑を何度か引っ越して、そのたびに掘りあげて植え替えたため、少し成長が遅れたかもしれませんが、無事育ってくれました。

収穫したアスパラガスと菜の花
▲で、今年。しっかりした太いアスパラが採れるようになりました。
下はこぼれ種からズボラ栽培した菜の花です。


---
アスパラガス
Asparagus officinalis var. altilis
分類:ユリ科アスパラガス属 多年草

アスパラガスのオレキエッテ
▲アスパラガスのオレキエッテ。
グラニャネージ社のオレキエッテは生パスタのようにもちもちして大好物のパスタです。AVILOで購入しています。

続きはこちら タネから育てたアスパラガス

タネから育てたシラネアオイ

タネから育てたシラネアオイ

こんなところでスミレが咲いてるなーと覗きこんだポットの中で、シラネアオイが1輪、隠れるように咲いていました。!!!一瞬、自分の目を疑いました。でも、何度見てもこれはシラネアオイに間違いない。 わーい! 実生のシラネアオイがとうとう咲いたん...

続きはこちら タネから育てたシラネアオイ

丹波の黒豆の収穫

丹波の黒豆の収穫

謹賀新年。 2008年の春から始めた家庭菜園は今年ではや6年になります。 はじめは庭にあふれている草花を移動させる目的で15㎡くらいの小さな市民菜園を借りたのですが、それがきっかけで野菜作りの楽しさにすっかりハマってしまい、そ...

続きはこちら 丹波の黒豆の収穫

セツブンソウの植え替え

セツブンソウの植え替え

作業したのはひと月ほど前ですが、最近いろいろ忘れがちなので、自分のための備忘録として。 節分草の栽培は今年で7年目。 2007年にタネをまき、2011年に初めて開花した1株を、今も大事に育てています。 タネをまいてからずっと同じ鉢のままで...

続きはこちら セツブンソウの植え替え

怖がらないで~ マムシグサ(蝮草)

  • 2013年5月 8日(水)
  • 087=花

怖がらないで~ マムシグサ(蝮草)

現在、我が家の玄関先で来客を出迎えているのは、おどろおどろしい雰囲気を漂わせているマムシグサです。 この花の風貌を「怖い」とか「キモい」と言って嫌う人は多く、さらにそれに拍車をかけるような名前を持ち、その上「毒草」だったりするので...

続きはこちら 怖がらないで~ マムシグサ(蝮草)

Back Number