飛騨の秋と冬

sponsors

11〜12日、白川郷、高山、奥飛騨へと遊びに行きました。

世界遺産白川郷と紅葉
▲真っ赤に燃えるモミジと合掌造りの家。(06年11月11日 世界遺産「白川郷」にて撮影。)
すでに紅葉の見頃は終わっているのですが、それでも素晴らしい景色です。

世界遺産白川郷と紅葉
▲黄色やオレンジに色付いた背景の山。
あいにくの雨天で、山には霧がたちこめています。
仙人が出てきそうな幻想的な風景も、また素敵かな。

土産物 とうがらし
▲売店では唐辛子を稲で編んで束ねてあるのをよく見かけました。
自分で作れないかな〜と思って、写真に収めました。

城山展望台から見た合掌造り集落
▲城山展望台から見た合掌造り集落。

白川村 天生中滝
▲白川郷を出て、新平湯温泉へ向かう途中で見た滝。(大野郡白川村にて。)
「天生中滝(あもうなかだき)」という滝で、国道360号を走っている時にこの風景が突然目の前に現れました。

道幅は狭く険しい山道なので、冬季は通行止めになります。
閉鎖直前に運良く見られた景色です。

国道360号沿の紅葉
▲黄色に染まった山。

高山市の雪景色
▲翌日は一転して雪景色。(06年11月12日 岐阜県高山市にて撮影。)
路上に設置された温度計は、-4℃を表示しています。
前日に走った国道360号は積雪のため通行止めになりました。

朴の木平 スキー場
▲スキー場も準備中かな?

秋の終わりと冬の始まり、二つの季節を見た飛騨の旅でした。

sponsors