ニオイスミレの砂糖漬け

sponsors

庭に咲いているニオイスミレ(スイートバイオレット)で砂糖漬けを作りました。

ニオイスミレの砂糖漬け
ニオイスミレは古くから栽培されるハーブの一つで、その花は食べることが可能なエディブルフラワー(edible flower)です。
摘みたての花をサラダに散らしたりしてそのまま食べてもいいのですが、砂糖に漬けておくことで保存が可能になり、ケーキのトッピングなどとして使える甘いお菓子になります。

砂糖漬けの作り方はとても簡単です。

(材料)
・ニオイスミレの花
・卵白
・グラニュー糖

(手順)
1. 咲き始めたばかりの花を摘み、流水で洗います。(新鮮な花を使用します。)
2. 卵白を刷毛などを使って花の裏表にまんべんなく塗ります。
3. 卵白が乾かないうちに砂糖をたっぷりまぶします。
4. 2〜3日ほど乾燥させてから、ガラス瓶等の密封できる容器に乾燥材を一緒に入れて保管します。

プリムラとビオラの砂糖漬け
▲ビオラやプリムラ ジュリアン、ポリアンサも食べられる花です。
一番手前のブルーのビオラは毎年育てているエリン
早咲きの青いジュリアン香りの良い黄色いジュリアンでも作ってみました。

自分で育てた花なら農薬の心配がなく、安心して食べられます。
紅茶のお砂糖代わりにも使えます。

sponsors