続 猫よけフェンスネット

sponsors

ナメクジにしろアブラムシにしろ、花に害虫が寄りつかないための策を施せば、それに対する手応えは少なからず返ってくるものです。
しかし、隣んちの猫に限っては悲しいかな、どう対策しようとも明るい結果は一向に見えず、暗中模索の日々を送っています。

今日、庭で三時草の根洗いを作っていると、いつものように隣の猫が1匹やってきました。

猫よけフェンスネット
▲ここは、先日フェンスネットを張った隣家との境。
フェンスとネットの向こう側が隣の敷地で、手前は私の苗置き場。
今日猫が歩いた場所を矢印で示しています。

(青ゾーン) 猫はいつものようにうちの庭に侵入し、私の苗置き場の前を通りました。

(黄ゾーン) 苗の上に飛び乗りました。しかし、ネットが張られているので向こう側に行けないことに気付きます。

(赤ゾーン) すると猫は、こともあろうに右から左へと苗の上を走り去っていきました。

そもそもこのフェンスネットを張ったのは、猫が苗の上を歩いてこちら側から向こう側に渡るのを防ぎたかったわけで・・・。
ですから、ええ、そうなんです、とりあえず当初の目的は達成された恰好ですけどね・・・。

しかし、なんでわざわざ苗の上を走るんだろ?
まったく猫は思い通りにはいきませんわね、園芸以上に・・・。

sponsors