リクニス フロスククリ ホワイトロビン(白花カッコウセンノウ)

sponsors

リクニス フロスククリ ホワイトロビン(白花カッコウセンノウ)
カッコウセンノウの白花種です。
ピンク色の基本種と同様に繊細な雰囲気ですが、実際は丈夫で放任でもよく育ちます。

湿り気のある場所を好むようなので、半日陰の花壇に植えています。
特に手をかけていることと言えば、生育旺盛に横へと広がるロゼット状の株を、気が向いた時に刈り込むことくらいでしょうか。
奥行きが40cmほどしかない小さな花壇ですから、あまり株を大きくしたくないのです。

リクニス フロスククリ ホワイトロビン(白花カッコウセンノウ)リクニス フロスククリ ホワイトロビン(白花カッコウセンノウ)
▲深く切れ込んだ細い花弁が、繊細な雰囲気です。
コマドリ(ロビン)が羽根を広げて飛んでいるように見えるかしら?
花は基本的に純白ですが、若干ピンク色が乗った花が出ることがあります。

---
リクニス フロスククリ ‘ホワイトロビン’(白花カッコウセンノウ)
Lychnis flos-cuculi ‘White Robin’
分類:ナデシコ科センノウ属 多年草
花期:5〜6月
草丈:30〜50cm

sponsors