レビュー 「ガーデンバリア」 〜1か月〜

sponsors

平穏な日々が続いています。
何が平穏かって、隣のネコ達がウチの庭に入って来なくなったのです。

とうとう買いました、「ガーデンバリア」。
ネコよけアイテムとして、楽天ランキング市場 ガーデニング部門に常にランクインしている人気商品です。
センサーがネコの動きをキャッチし、ネコの嫌がる超音波を出すというもの。
効果がなければ6か月以内は返品保証されているので、大した期待もなくお試し感覚で購入してみたのです。

隣人がネコを放し飼いし始めてから、すでに10年以上の月日が流れています。
ネコよけに効くと言われるものを手当たり次第にためし、今までにどれほど投資してきたでしょう。
イタチごっこで万策尽き果て、「何をやっても無駄」だと半ば諦めていました。
ですから、長く続いてきた隣の猫との戦いが、こんな小さな機械1台であっさり解決するなどとは、ゆめゆめ思っていませんでした・・・。

ところが、それが解決しちゃうのかも!?
なんと、設置4日目以降からネコがパタリとやってこなくなったのです。
設置してから現在1か月が経過しています。

ガーデンバリア・ミニ
▲玄関前に設置している「ガーデンバリア・ミニ」。
使い方は超簡単、電池を入れて置くだけです。
「猫よけ」なのにネコの形をしたデザインは、そのセンスに大いに疑問を感じるのだけれど、見た目はともかくとして効果はバッチリでした。

ガーデンバリアには、サイズが大小2種類あります。
ウチは狭くて死角が多いので、ミニサイズを選びました。
スタンダードタイプの大きいサイズは、ミニサイズよりも広範囲をカバーし、夜間のみ作動する「夜間モード」が選択できます。

前面にセンサーがあり、ネコの侵入をキャッチするとスピーカーから超音波を出します。
「音」を出すだけなので、人にも動物にも(もちろん猫にも)無害です。

超音波は、聴覚が優れているネコには不快な音として聞こえるのだそうです。
作動した時、ネコの反応は様々でした。
走って逃げ出すネコもいましたし、驚いて固まったままガーデンバリアを凝視していたネコもいました。

なお、超音波は人には聞こえないものですが、まれに若干の音を感じることがあるそうです。
私の場合、ガーデンバリアの作動中にスピーカーの前面に立つと「キーン」という金属音を感じますが、常時作動しているわけではないので、故意に聞いたりしなければ気になりません。

センサーは人にも反応します。
もし人通りの多い場所や子供の遊び場などに設置したいという場合は、夜間モードのある大きいサイズ(GDXまたはGDX-2)を選んだ方が良いかもしれません。

ガーデンバリア 比較表
ガーデンバリアGDX
ガーデンバリアGDX-2
ガーデンバリアGDX-M
感知範囲100m2
(最大直進距離 約13m)
100m2
(最大直進距離 約13m)
25m2
(最大直進距離 約6m)
特徴・夜間モードの選択可・夜間モードの選択可
・壁面や高所への取付可能
・死角が多い狭所向き
電源乾電池(単1×4本)乾電池(単1×4本)
または別売ACアダプター
乾電池(単2×4本)
超音波18kHz〜23kHz(ネコの動きに合わせてランダムに変動)

sponsors