タンナチダケサシ

sponsors

タンナチダケサシ
「タンナ」とは「済州島」のことで、漢字では「丹那」あるいは「耽羅」と書きます。
韓国原産のショウマで、小説『宮廷女官チャングムの誓い』の中にもこの花の名が登場するクダリがあります。

名前に「タンナ」がつく野草は「タンナワレモコウ」や「タンナタムラソウ」など色々ありますが、特徴として矮性のものが多いようです。
タンナチダケサシも極小型で、鉢植えでは草丈十数センチに締まり、アスチルベなどとほぼ同じ時期に開花します。
写真はタンナチダケサシをメインにした、小さなヒメユキノシタとの寄せ植えです。

タンナチダケサシ タンナチダケサシ
▲クリームがかった白。
茎は赤みを帯びていて、サンゴのような色をしています。
控えめで華やかさはありませんが、楚々とした風情があります。
他の花ともあわせやすく、色々な野草と寄せ植えをして楽しんでいます。

タンナチダケサシの葉
▲深く切れ込む繊細な葉。

---
タンナチダケサシ
Aruncus aethusifolius
分類:バラ科ヤマブキショウマ属 多年草

リンク

sponsors