ルリタマアザミのドライフラワー

sponsors

夏本番!
梅雨が明けた途端にモーレツな夏が訪れました。
昨日は室内の温度計が37℃をさしました。
今年も名古屋は猛暑です。

連日の蒸し暑さにも負けずに、ルリタマアザミが咲きました。
ルリタマアザミは簡単にドライフラワーが作れます。
たくさん咲いてくれたので、今年も作ってみました。

ルリタマアザミ(エキノプス)
▲ドライフラワーにするタイミングはツボミの時か、咲き始めた頃がベスト。

ドライフラワー用シリカゲル
▲ドライフラワー用シリカゲル。
ルリタマアザミは日陰に吊しておくだけでもドライフラワーになりますが、私は乾燥剤を使います。
乾燥剤を用いて作るドライフラワーは、自然乾燥のものよりも花色が鮮やかに残るのです。

ドライフラワー制作行程
▲レンジでチンしたシリカゲルの中に、花を埋めて乾燥させるという方法です。
写真は途中の段階ですが、この後、花が完全に埋まるまでシリカゲルを投入しています。

ルリタマアザミを使ったのクリスマスのスワッグ
▲こうして作ったドライフラワーを利用して、昨年はスワッグを作りました。(再掲)
容器に入れて保存しておけば、リース作りのパーツとしていつでも使えます。

---
ルリタマアザミ
(エキノプス・リトロ、ウラジロヒゴタイ)

Echinops ritro
分類:キク科ヒゴタイ属(エキノプス属) 多年草
草丈:100〜150cm
花期:7〜8月

sponsors