ランタナ カマラ

投稿日:

sponsors

ランタナ カマラ
熱帯生まれのランタナは、日本の蒸し暑い夏がお気に入り。
菊でさえうだる猛暑でも、トロピカルな花を次々と咲かせて花壇を彩ってくれます。

ランタナ カマラ
▲咲き始めの頃。

ランタナは咲き進むにつれて花色が変化することから「七変化」とも呼ばれます。
白、黄、オレンジなど花色が豊富で多数の園芸品種があります。
写真の花は黄色からピンクに変化するタイプです。

ランタナ カマラ
▲咲き進むと淡い黄色からピンクへ変化。
横から見ると、花序はこんもりと半球状です。

花色の変化は、花の熟度を虫に知らせるサインになると言われています。
黄色からピンクに変化するランタナの場合、蜂は黄色の花に訪れれば新鮮な蜜を吸うことができるというわけです。

ランタナ カマラの実
▲花後にできる果実。
ぶどうのような実がなり、熟すと黒くなります。
実からタネを取り出してまくと、1年後くらいに開花します。
庭ではこぼれ種で育ったランタナも咲いています。

---
ランタナ カマラ
Lantana camara
分類:クマツヅラ科ランタナ属 常緑低木
花期:5〜11月

参考文献

sponsors