ミニミニマイマイ

sponsors

雨になると、どこからともなく現れる小さなカタツムリ。

小さなカタツムリ
▲今年はこのカタツムリが庭でよく見つかります。
以前は庭で見たことがなかったので、どこかで買った苗と一緒に連れてきてしまったのでしょう。
園芸店で買った苗に、ナメクジやその卵が紛れていることがあります。
オマケ好きな私でも、さすがにそれは歓迎できません。

たぶん「ヒメオカモノアラガイ」だと思いますが、あまり自信はありません。
体長は小さいものでは2〜3mmほど、大きいものでも1cmくらいです。
普段は鉢の縁などに潜んでいますが、雨が降るとぬる〜っと這い出てきます。

小さなカタツムリ
▲可愛らしくも見えるのですが、植物を食べる害虫(害貝?)のようです。
ナメクジのような大きな被害はありませんが、小さくて見つけにくいのが困ります。

ナメクジと言えば、鬼のように退治した甲斐あって、今年は撲滅したかと思うほど出なくなりました。
ナメクジ退治は、巣を探して1匹1匹地道に駆除するのが一番です。
ナメキール」などの誘引剤もニオイが強いけどよく効きます。

sponsors