タマネギの定植

sponsors

昨日は菜園にタマネギを定植しました。

タマネギのセルトレイ苗
苗は9月下旬にタネをまいたもので、丸2ヶ月経ったところです。
128穴のセルトレイで育苗しました。

これは「ハイゴールド1号」という早生品種なので、もっと早い時期に定植すべきなのですが、タネまきが遅れた日数分だけ定植も遅れた形になりました。
肥培して挽回できないかと思っていましたが、思い通りにはいかず、育苗にはきっかり2ヶ月かかっています。

タマネギの苗とエンピツ比較
▲セルトレイで作ったタマネギの苗。

家庭菜園のマニュアルでは「エンピツよりもやや細め」というのが定植苗のサイズの目安とされています。
苗が太すぎるとトウが立ちやすくなり、逆に細すぎると寒さで枯れてしまうため、エンピツサイズがちょうど良いとのこと。

出来た苗は全般的に小さめで、とりあえずトウ立ちに関しては心配する必要はなさそうです。

タマネギの苗をより分ける
▲苗を大きめ(写真左)と小さめ(写真右)により分けました。
全部で180本くらいあります。
128穴セルトレイなのに、それ以上の苗があるのは間引きを怠ったからです。
移植が楽になると思ってセルトレイの育苗を試みましたが、間引きをしなくては全く意味がありません。(反省)

タマネギを植え付ける畑
▲植える場所だけは、ひと月も前から準備していました。
風当たりが多少和らぐといいなと思い、寒冷紗と寒冷紗の間に植えつけます。

タマネギ苗を植え付け
▲より分けた大きめの苗を90本、株間は少し狭めに10cm間隔で植え付けました。

ミニタマネギに挑戦
▲少々心配な小さめの苗は、畝の隅に5cm間隔で密集して植え付けてみました。
ミニタマネギができないかなと、ダメもとでチャレンジです。
これは60本くらいあります。

タマネギ植え付け完了
▲最後に液肥を与え、防寒対策として籾殻を厚めに敷いて完了です。
150本の苗の植え付けに、どっぷり2時間かかってしまいました。

sponsors