秋ジャガ収穫

sponsors

数日前に霜が降りたらしく、畑のジャガイモはクタクタになっていました。

霜で傷んだジャガイモ
▲霜で傷んだジャガイモ。
この状態ではこれ以上イモが太りそうもないと思い、昨日、収穫にふみきりました。
9月上旬に植え付けたので、栽培期間は約3ヶ月でした。

秋ジャガイモの収穫
▲掘ってみるまでドキドキでしたが、ちゃんと出来てました。

ジャガイモは、土の中でこんなふうに育っているのですね。
茎の根元にまとまってくっついています。
ジャガイモは「根菜」のひとつですが、イモは「根っこ」ではなくて「茎」の一部でした。

土にシャベルを入れて掘り起こし、茎を引っぱると、ごっそりイモがついてきます。
収穫作業は簡単で楽しいのですが、サツマイモを掘る時のような「宝探し」気分は盛り上がりません。

秋ジャガイモの収穫
▲どの株も普通サイズのイモが2〜3個ほど、小さいのが2〜3個くらい出来てました。
11株のうち、花が咲いたものが2株、咲かなかったものが9株でしたが、収量に差はありませんでした。

秋ジャガイモの収穫
▲収穫したイモは、全部で5kgありました。
種芋が1kg(11玉)でしたから、5倍収穫できた計算です。

これが多いのか少ないのかはよく分かりませんが、何はともあれ、大きな失敗もなく収穫にこぎつけたので良かったと思います。
でも、種芋は結構高かったので、できれば10倍、せめて7〜8倍は欲しかったなあ・・・。

1個あたり100gほどある大きな種芋を丸ごと植え付けたのは、今思えばもったいないとことでした。
種芋は50gもあれば十分な大きさですから、程良いサイズのイモを数多く植えた方が収量につながったのではないかと思います。
来年の本番(春作)でリベンジします。

sponsors