ミニキャベツ撤収

sponsors

8月から栽培していた「よかまる」という名前のミニキャベツ。
収穫のタイミングがよく分からなくて、ずっと放置していました。
玉が大きくならなかったので、「そのうち大きくなるのかなあ?」と淡い期待を寄せながら粘っていたのです。
でも昨日、とうとう断念しました。

紅葉したミニキャベツ
▲極小!
右のは紫キャベツじゃないよ。
寒くなって紅葉してしまったのです。
全部で12株ありましたが、すべて撤収しました。

ミニキャベツを量る
▲小さいのは200gくらい、大きいものでも400g以下。
芽キャベツ以上、ミニキャベツ未満って感じのサイズです。

ミニキャベツを切る
▲中身はいちおうキャベツですけど。

【栽培記録】
2008年8月19日:播種
2008年9月22日:定植(12株)
2008年10月上旬:結球開始
2008年12月19日:収穫

ミニキャベツの栽培(結球開始)
▲10月9日の様子。

ミニキャベツだから作りやすいかなと思っていたのは大間違い!
反省する点はいろいろありますが、一番の反省ポイントは「苗作り」です。
定植した苗は大小様々でしたが、どの苗も同じ時期に巻き始めました。
定植時の苗の大きさと玉の大きさは比例して、小さな苗には小さなキャベツしかできなかったのです。
ということは、結球前にできるだけ大きな苗にしておかないとダメなんですね。

青虫などが若干付きましたが、播種から収穫までずっと防虫ネットを張っていたので、農薬無しでも虫害は少なかったです。

sponsors