茎ブロッコリーを収穫

sponsors

昨年8月にタネをまいて育てた茎ブロッコリー「スティックセニョール」
播種後3ヶ月くらいで収穫できるようになり、ちょこちょこ摘んで楽しんでいましたが、そろそろ収穫も終盤のようです。

茎ブロッコリー スティックセニョール
▲脇から伸びる細長い茎と蕾を収穫します。
菜の花と同じような感じで、摘心すると脇芽がどんどん出てきます。

茎ブロッコリーの蕾
▲青緑色の蕾。
花の横についている葉も、小さいうちは柔らかくて食べられます。

「スティックセニョール」は、芥藍(カイラン)という中国野菜とブロッコリーを交配して作られた品種なので、普通のブロッコリーとは味がちょっと違います。

初めて食べたとき「甘い!」と感動しました。
アスパラガスのような風味もあります。
茹でるだけで美味しくて、マヨネーズも何も要りません。

鳥にかじられた茎ブロッコリーの葉
▲美味しいことを鳥もよく知っているようです。
この横着な食べ方はヒヨドリかしら?
幸い彼らが食べるのは葉の方で、蕾には被害がありませんでした。

収穫したスティックセニョールとミニ大根
▲収穫した茎ブロッコリーとミニ大根。

害虫もあまりなくて、思っていたよりも育てやすかったです。
真夏に育苗したので生育初期は少し気を使いましたが、防虫ネットを張って無農薬できました。

【栽培記録】
2008年8月19日:播種

茎ブロッコリーの双葉
2008年08月下旬: 発芽

茎ブロッコリー 本葉2枚
2008年09月上旬: 本葉2枚
2008年09月下旬: 定植
2008年11月中旬〜: 収穫

---
茎ブロッコリー「スティックセニョール」
分類:アブラナ科アブラナ属

sponsors