べと病!?タマネギのピンチ!

sponsors

畑のタマネギが「もしかしたら収穫できないかも」の危機!

畑のタマネギ 畑のタマネギ
▲暖かくなり、日に日に苗が大きくなっているような気がします。
でもよく見ると、様子が変なのがいくつもあるのです。

タマネギのべと病?
べと病!?
葉が黄色くなって、変形しています。

これが病気だと気付くのに、しばらく時間がかかりました。
はじめは、単に葉先が枯れただけだと思っていたのです。
でも、放っておくとどんどん酷くなって、他の株にも広がっていき、ようやく病気だと気が付きました。

タマネギのべと病?
▲とろけるように腐ってしまったのも!

べと病は多湿の時に発生しやすいそうです。
タネまきの遅れを取り戻したくて、液肥を何度もまいたのがマズかったかなあ・・・。

ビスダイセンとダイン
▲タマネギのべと病に効くらしい「ビスダイセン」と、展着剤の「ダイン」。
タマネギの葉は農薬をはじいてしまうので、展着剤を加えないといけません。
ビスダイセンは家庭菜園用に小分けしたものが売られているのですが、何を血迷ったか、一生使えそうな大袋を買ってしまいました。

怪しげな黄色い葉のある株をすべて抜いて処分したら、残った株は元の7割くらい。
もう手遅れかもしれないけれど、一分の望みをかけて、ダメもとで薬剤を散布しました。
あぁ、1個も穫れなかったら悲しいなあ・・・。

sponsors