実生オリエンタリス8〜13号

sponsors

今年はタネから育てたクリスマスローズがほぼ咲き揃いました。
2005年の秋にオリエンタリスの種子を播種してから3年半が経ちます。

狭い庭でやりくりしながら栽培したのは全部で14鉢で、そのうち5鉢は昨年春に咲きました。
残りの9鉢のうち、今年は8鉢が開花に至りました。

咲いた順番に番号を付けています。(過去に載せた花:1〜5号6号7号

実生オリエンタリス8号
▲8号。
初めて白花が咲きました。
中心はグリーンで、弁先にもグリーンが少し見られます。
でも、それがなんとも中途半端な感じで、花が傷んでいるみたいに見えてしまいます。
惜しいなあ。

実生オリエンタリス9号
実生オリエンタリス9号
▲9号。
濃い色。剣弁。

実生オリエンタリス10号
▲10号。
ころんとした、可愛いカタチの花です。
とても生育旺盛で、植え替え時には他よりも一回り大きな鉢を使いました。
この色が咲くのは、どれも強健な感じがします。

実生オリエンタリス11号
▲11号。
濃い色。蕾がたくさん付いています。

実生オリエンタリス12号
実生オリエンタリス12号
▲12号。
なんと、ピコティが出ました。
そういえば・・・播種したタネは「花色ミックス」だったんだっけ。

白地にピンクの縁取りで、ダークネクタリー。
弁がフリルのように波打っています。

実生オリエンタリス13号
▲13号。
濃い色。他の花よりも10日ほど遅れて開花。

「どんな花が咲くかなあ」と思いながら栽培するのは楽しいものでした。
乾燥させた種子でも意外によく発芽したし、1年目の幼苗の時期を乗り越えれば、その後は順調だったように思います。
大きくなるので栽培スペースを確保するのに苦労したし、長丁場なので根気が要るけどね。

---
ヘレボルス ガーデンハイブリッド
Helleborus × hybridus
分類:キンポウゲ科ヘレボルス属 多年草

(種まきデータ)
播種:2005年9月下旬
発芽:2006年1月下旬
開花:2008年3月上旬〜(1〜5号)、2009年2月上旬〜(6〜13号)

sponsors