イカリソウ(碇草)

投稿日:

sponsors

イカリソウ(碇草)
庭のイカリソウが咲きました。
碇のようなカタチが楽しい、メギ科の多年草です。

イカリソウ(源平咲き)
▲4本の長い距(きょ)が特徴。
名前の由来はもちろん、船の碇を思わせるこの花のカタチです。

北海道から九州に分布し、地域によって花色に変化があります。
銘品も数多くあり、写真の花は2色に分かれる「源平咲き」と呼ばれるタイプです。
淡いピンクと白のふんわりと優しい色合いで、とても気に入っています。

イカリソウ(奥伊吹)
▲奥伊吹産のピンクのイカリソウ。

イカリソウの葉
▲ハート形の葉。
葉は薄くて柔らかく、フチにはトゲのような毛があります。

繊細な感じがしますが、意外に丈夫で育てやすく、鉢に花壇でも栽培できます。
鉢栽培では乾きすぎると葉がちりちりになってしまうことがありますが、地植えではそれほど手がかかりません。

---
イカリソウ(碇草)
Epimedium grandiflorum var. thunbergianum
分類:メギ科イカリソウ属 多年草

sponsors