足長虫取りスミレ(ピンギキュラ・モラネンシス)

投稿日:

sponsors

足長ムシトリスミレ(ピンギキュラ・モラネンシス)
足長虫取りスミレと呼ばれる、ピンギキュラ・モラネンシスが咲きました。
メキシコ原産の食虫植物です。
モラネンシスには多くの品種がありますが、これはラベル落ちなので品種名は分かりません。

足長虫取りスミレの花
▲愛らしいピンクの花。
細長い茎をぴょーんと伸ばして、その先にスミレの花に似た3cmほどの大きな花を付けます。
花はとても長持ちで、1か月くらい咲いてくれます。

足長ムシトリスミレの距
▲平面的でのっぺりした横顔。
4cmほどの長い距(きょ)があり、これが「足長」の名の由来です。

足長虫取りスミレのロゼット
▲黄緑色のロゼット。
葉の表面から粘液を出して、虫を捕らえます。

足長虫取りスミレの葉
▲粘液が光ってキラキラとキレイです。
虫の多い季節になると1〜2mm程度の小さな虫がたくさんくっついて、ちょっと気持ち悪い状態になりますけどね。

---
足長ムシトリスミレ(ピンギキュラ・モラネンシス)
Pinguicula moranensis
分類:タヌキモ科ムシトリスミレ属 多年草

sponsors