クレマチス「ドクターラッペル」

sponsors

クレマチス「ドクターラッペル」
「ドクターラッペル」が開花中です。
私の庭のクレマチスの中では一番の古株で、植えつけてから15〜16年くらい経ちます。

園芸を始めた頃の私は、今とは違ってとても真面目だったので、参考書に「植え付けは2月」と書いてあれば、真冬の園芸店で苗を探したりしたものでした。
このドクターラッペルも、葉が一枚もない枯れ枝のような挿し木苗を真冬に買って、「ホントに芽が出てくるんだろうか?」と半信半疑で植えたんだっけ・・・。

クレマチス「ドクターラッペル」
▲淡いピンクの花弁の中央に、濃いピンクの筋が入ります。
丈夫で育てやすく、毎年よく咲いてくれます。

ドクターラッペルはクレマチスの参考書にはよく登場する、パテンス系の代表的な品種です。
外壁に這わせたドクターラッペルが溢れるように咲いている写真を見て、これを植えようと決めた記憶があります。
今の私ならあまり手を出さない花色ですけど、当時の私は洋風の庭にちょっぴり憧れていたから、この鮮やかなピンク色にときめいたのかな。

---
クレマチス「ドクターラッペル」
Clematis 'Dr. Ruppel'
分類:キンポウゲ科クレマチス属 多年草

sponsors