ジャガイモ「キタアカリ」を撤収

sponsors

ウイルス病にかかったジャガイモ「キタアカリ」
ウイルスにやられたジャガイモ「キタアカリ」。
ヨソ様の畑の立派なジャガイモと比べると、半分くらいの丈しかありません。

抜こうか・・・それとも経過観察するか・・・悩んで悩んで1週間。
そして今日、ついに撤収することにしました。

「隣に植えたナスに伝染するかもしれない!」と気が付いたのです。(気が付くの遅すぎ?)
今のところナスには病気の兆候は見られませんが、葉裏にはアブラムシがついていました。
さらにナスの向こうの畝にはピーマンやシシトウ、トマトなど、ナス科オンパレードな畑です。
考えると夜も眠れなくなります。

ジャガイモの葉についたアブラムシ
▲ジャガイモの葉の裏側。
アブラムシがウジャウジャと。
コイツらが病気を持ってきた犯人です。

収穫したジャガイモ
▲収穫したのはこれっぽっち。

大きいイモでも70gくらい、ほとんどはゴルフボールサイズのチビ玉です。
タネ芋を1kg植えて、とれたのは1.8kgだったから、2倍にも届きませんでした。
今回のジャガイモ作りは大失敗です。

【反省点】

  • アブラムシを徹底的に退治すること。
  • 病気は早期発見、対処すること。

sponsors