サトイモの芽出しと植え付け

sponsors

2週間ほど前、ホームセンターでサトイモのタネ芋が100円で処分されているのを発見。
サトイモのタネって結構高いのですが、100円だったら練習台にできちゃうな〜なんて思って買ってみました。
ってことで、今年はサトイモ栽培にチャレンジです!

100円でゲットしたサトイモの種
▲100円でゲットしたサトイモ、1kg。(2009年5月11日購入。)
一度200円に値下げされ、それでも売れ残って100円になったみたい。

「土垂」(「どだれ」あるいは「どたれ」)という品種です。
サカタのカタログには、「収量が多く育てやすい、代表的な品種」と書いてありました。
ちなみに、写真のタネ芋は「国華園」のものですけど。

1kgで20球ほど入っていましたが、きっと長い間店頭に置かれていたものだろうから、全部のイモから芽が出てくるとは思えませんでした。
なので、まず「芽出し」をしてから畑に植え付けることにしました。

サトイモの芽出し作業
▲芽出し作業。(2009年5月12日撮影。)
カラジウムの芽出しと同じようなものかな〜と思ってテキトーにやってます。

状態の良さそうなイモを選び、プランターに並べて土をかぶせました。
イモが生きているか(芽が出るか)だけを確認できればよかったので、イモの間隔はギュウギュウに並べています。
土が乾かないよう、時々軽く水やりをしながら、2週間ほど置きました。

サトイモのとんがった芽
▲約2週間後、プランターからイモを取り出しました。(2009年5月28日。)
サトイモ科らしい(っていうかサトイモだけど)とんがった芽と太い根っこが出ていて、まずは一安心。

サトイモの植え付け
▲今日、畑へ植え付け。
マルチを張り、10cmほどの深さに10球植えました。

砂地で乾きやすい畑なので、水やりに苦労しそう。
順調にいけば11月頃に収穫だと思うけど・・・はてさて、どうなるかな。
ま、元手が100円ですから気楽にやれます。

sponsors