トガクシショウマの果実と種子

投稿日:

sponsors

トガクシショウマの栽培は今年で3年目。
最初は「難しいぞ」と周囲から脅かされて不安に思っていましたが、毎年どうにか咲いてくれるし、花数も年々増えてきています。

トガクシショウマの果実
▲トガクシショウマは花後に白い果実ができます。 (写真は5月下旬の様子。)
トガクシショウマの果実はぷよぷよとした液果です。
柔らかいうちに割ってみると、虫や鳥が好みそうな甘い香りが漂います。
あの可憐なピンクの花からは想像しがたい果実なので、初めてこれを見たときは「虫こぶ」ではないかと疑ってしまいました。

ちなみに、葉に見える白い模様はハモグリバエによる食害で、これには毎年悩まされています。
オルトランは効かないみたいです。

トガクシショウマの果実
▲熟した果実からは、3mmくらいのうす茶色の種子が採れます。
果実の大きさにもよりますが、ひとつの果実にだいたい10~15個くらいの種子がつまっています。
今年はこれを播種したので、きっと来年の春には発芽してくれるでしょう。
トガクシショウマやタツタソウなど、メギ科の野草は植え替えると咲かなくなると言われていますから、増殖は株分けよりも実生が近道ではないかと思います。
たくさん増やして、私を脅かした人たちにも分けてあげようかしらなんて目論んでいます。
うまくいくといいな。

sponsors