金色に輝くトマトのうぶ毛

sponsors

トマトのプランター栽培

庭と畑で3種類のトマトを栽培しています。
その中で私が最も力を注いでいるのが、庭の片隅で作っている黄玉トマトの「桃太郎ゴールド」です。

人がひとりやっと通れるくらいの、正面から撮影できないほどの狭い場所にプランターを置いて育てています。
狭くて窮屈なことさえ目をつむれば、ここは雨が防げる軒下で、日当たりも良いので、トマトの栽培には好適なスペースなのです。

トマト「桃太郎ゴールド」の苗
▲定職前の苗。(2009年5月11日撮影。)
深型プランターに普通の培養土を使っていますが、永田農法を少し意識して、水を切らし気味に栽培しています。
水やりは4~5日に1度くらい、茎葉がだらりとうなだれるのを見てから与えています。

トマトの花
▲トマトの黄色い花。

トマトの青い果実
▲まだ青い果実だけど。

金色に光るトマトのうぶ毛
▲トマトの実は陽に当たるとキラキラと輝きます。
まるで金色のラメをまぶしたみたいでとてもキレイ。
これを毎日眺めては、ひとりでニンマリしています。

このキラキラ光るラメの正体は、トマトの「うぶ毛」のようです。
そういえば、永田農法のトマトの写真にはうぶ毛がもじゃもじゃと生えています。
ウチのトマトも甘~く育ってくれるかな?
収穫までがとても待ち遠しいです。

sponsors