尻腐れトマトに石灰水散布

sponsors

トマトの尻腐れに何か対策をせねばと探していたところ、「石灰防除」なる秘策(?)を発見。
石灰や石灰水を野菜に散布して病気を防ぐというものです。
トマトの場合は石灰を水に溶かして石灰水を作り、葉や果実に散布すると良いみたい。
なるほど、尻腐れ病はカルシウム不足によるものですから、石灰(=カルシウム)を葉から吸収させるのは即効性がありそうです。
カルシウムを補給するための液肥もありますが、石灰で良いなら手軽で安上がりです。

ソースは農文協の「現代農業 2008年6月号」。
とても面白そうなのでバックナンバーを注文しました。
でも、本が届くまで待ってられなくて、早速テキトーに試しちゃいましたよ。

石灰乾燥剤
▲材料は消石灰と水。
今回は写真の石灰乾燥剤を使ってみました。
この乾燥剤に使われているのは「生石灰(=酸化カルシウム)」ですが、湿気を含んで膨らんだものは「消石灰(=水酸化カルシウム)」に変化しているので、プランターや畑に投入できます。
というわけで、費用は0円。
些細なことだけど、ゴミも減らせてちょっといい気分♪

石灰水(作った直後)
▲大きめのペットボトルに、消石灰と水を入れてかき混ぜました。
石灰の量はテキトーです。
わずかな量しか水に溶けませんから、底から1cmほど入れただけです。

石灰水(放置後)
▲しばらく放置すると、白く濁っていた水が透明になります。
この上澄みの透明な部分を使いました。
なお、上澄み液を使った後に水を足せば、また石灰水が作れます。

石灰水を散布したトマト
▲スプレーを使ってトマトに散布。
これで尻腐れが治るといいなあ。
週1くらいのペースで散布を続けてみようと思います。

リンク

sponsors