実生のヤエヤマノイバラが開花

sponsors

実生のヤエヤマノイバラ(カカヤンバラ)の花

3年前に播種した原種のバラから、ようやく1輪の花が咲きました。
開花第1号は「ヤエヤマノイバラ」。
別名「カカヤンバラ」とも呼ばれる南方のバラです。

暑さに強く、病気にもほとんどかからなくて、とても育てやすかったです。
八重山諸島など亜熱帯に自生するバラなので、暑いのは得意なんですね。
また、冬も特に防寒なしで越しました。

ヤエヤマノイバラの盆栽風
▲小さな鉢からひょろっと伸びた枝と大きな花が、ちょっとアンバランスですね。
播種した翌年に鉢上げした後は、小さなポリポットのまま植え替えなし、肥料もごく少量でスパルタに育てました。
つる性で花壇に植えれば大きくなるようですが、私はこのまま小さく盆栽風に仕立ててみたいと思っています。

ヤエヤマノイバラの蘂
▲黄色と赤のしべが鮮やかです。
純白の花びらはハート形でラブリー♪
葉が小さな割に花は大きくて、花径は6cmほどあります。

ヤエヤマノイバラの葉
▲葉はミニバラのように小さくて、ツヤがあります。
自生地では常緑のようですが、ウチでは冬場に葉が半分くらい落ちました。
きっと愛知の冬は少し寒いのですね。

---
ロサ・ブラクテアタ(ヤエヤマノイバラ、カカヤンバラ)
Rosa bracteata
分類:バラ科バラ属 常緑低木

(種まきデータ)
播種:2006年12月中旬
発芽:2007年03月上旬
開花:2009年07年上旬

sponsors