サトイモの土寄せ

sponsors

畑のサトイモ

8月なのに、まだ梅雨が明けません。
砂地の畑なので潅水に忙しくなるだろうと心配していたサトイモは、一度も水やりしないまま現在に至っています。
草丈は私の胸のあたりまで伸びてきました。
葉っぱも大きくなって、「トトロの傘」までもう一息という感じです。

土寄せをしました。
家庭菜園のマニュアル本などには、サトイモの土寄せは「重要」な作業であると書いてあります。
子イモや孫イモの葉が伸びるとイモが肥大しないので、土寄せをして芽を枯らしてやるのです。
土寄せの作業は栽培期間中に2~3回行います。

サトイモの土寄せ前
▲土寄せ前。
子イモから伸びている芽を早めに欠いてやるのが良いようです。
こんなに芽が大きくなるまで放っておいては良くないですね。

サトイモの土寄せ後
▲土寄せ後。
子イモから出る葉を埋めるように土寄せして、畝の高さは20cmくらいになりました。
イモの肥大に大切なカリウムを補うために、もみがらくん炭も施してみました。

(おまけ)
畑に住んでいるカエル
▲サトイモの根元を巣にしてるカエル。
この子は私の畑に住み着いていて、突然土の中から飛び出してきてよく驚かされます。
カエルにはカエルの「なわばり」があるようで、追い払ってもすぐに戻ってきます。

sponsors