『岩崎さんちの種子採り家庭菜園』

sponsors

岩崎さんちの種子採り家庭菜園

高山植物の実生を低地で繰り返すと、馴化して暑さに強くなったりします。
野菜の場合も同じように、自分の土地に合ったものが作れるのではないかと思い、野菜の種子をできるだけ採種してみようと考え始めました。

種子を採種するということは手間や時間がかかる作業で、決して簡単ではありませんが、「私印」の野菜が出来るという大きな楽しみがあります。
そこで「種子採り名人」岩崎 政利さんの本を手にしました。

本書には、50種類以上の固定種の野菜とその種子の取り方が、岩崎さんの優しい語り口で紹介されています。
種苗会社のカタログで目にするのはF1品種がほとんどですが、実はたくさんの在来種や固定種があって、一部の農家の手によって受け継がれ守られているのですね。
初めて知った野菜の名前もいくつかありました。
源助大根、長崎唐人菜など、いつか私の小さな畑でも作ってみたいと思いました。
本書を参考に、まずは五寸ニンジンの採種をチャレンジしようと思っています。

sponsors