ジャガイモの袋栽培 いよいよ収穫

sponsors


庭先で袋栽培中のジャガイモ「アンデスレッド」。
芽が出た食用のイモを9月上旬に植え付けました。
雪に見舞われながらも年を越し、植え付けから今日でちょうど4か月が経ちました。
畑で栽培したジャガイモはすでにひと月前に霜で枯れてしまいましたが、こちらはまだ青々しています。
ジャガイモは多年草ですから、放っておけばこのまま夏まで枯れないかもしれない・・・って気がするのですが、それじゃキリがないのでこの辺でおひらきに。
120日以上植えてあるので、もう掘っても良い頃です。
寝正月もそろそろ飽きてきたし、収穫することにしました。


▲これは昨年11月上旬の様子です。
くねくねと大きく成長しすぎて置き場に困ってしまい、この後バッサリと半分ほど刈り込みました。でも本当は切るのは良くないかも・・・。


▲いよいよ収穫の時。
収穫は袋をひっくり返すだけだから、とっても簡単です。
土の中からイモがチラリと見える瞬間ってワクワクします。


▲まるでサツマイモのように肌が赤いイモです。


▲収穫しました!
2袋から収穫できたのは600gくらいでした。

1kgくらいあったらなと思っていたけど・・・私の期待よりも少なかったです。
でも、植えた芋より増えてるし、芽が出た食用ジャガイモを「新ジャガに再生させる」という目的はとりあえず果たせたかな。

何はともあれ、これでまたとれたての美味しい新ジャガにありつけます。
やったね!

(種まきデータ)
植付:2009年9月3日
収穫:2010年1月3日

---
ジャガイモ(馬鈴薯)
Solanum tuberosum
分類:ナス科ナス属

sponsors