日本サクラソウ「神代冠」

sponsors

現在栽培されるサクラソウの品種の多くは江戸時代に作出されたもので、株分けによって今日まで脈々と伝えられてきたと言われています。
旗本がアサガオやホオズキを「内職」で栽培していたことはよく知られていますが、サクラソウもその一つだったのかもしれませんね。
今は園芸店などでも手軽に買うことができるので私もいくつか栽培していますが、これらの花を眺めていると腰に刀をつけたお侍さんの姿が目に浮かんできそうです。

日本サクラソウ「神代冠」
▲この花の銘は「神代冠(かみよのかんむり)」。
江戸後期に作られた品種です。
花弁が内側にカールしていて、小ぶりでとても可愛らしい花。
一番のお気に入りです。

---
サクラソウ(桜草、日本桜草)
Primula sieboldii
分類:サクラソウ科サクラソウ属 多年草

リンク

sponsors