「インカのめざめ」の収穫

sponsors

10日ぶりの更新。
毎年、今の時期は書くネタは山ほどあるのに、庭仕事も畑仕事もあまりに忙しすぎてブログを書く体力がないというジレンマに陥っています。

ジャガイモ「インカのめざめ」の栽培
畑ではジャガイモ「インカのめざめ」が枯れ始めました。
同じ時期に植えた「キタアカリ」や「シェリー」はまだ葉が青いのですが、インカのめざめは極早生なので一足早く収穫時期をむかえたようです。

ジャガイモ「インカのめざめ」の収穫
▲アンデスの栗ジャガが、私の畑でもちゃんとできてました!
黄金色したイモなので、なんだか小判を掘っているような気分になりますよん♪

ジャガイモ「インカのめざめ」の収穫
▲写真では大きく見えるかもしれませんが、実際は全体的に小ぶりな出来です。
たまに奇跡的に100gくらいの大きなものもありましたが、大体は1個あたり50gくらいの小サイズでした。

インカのめざめは栽培期間が短く、難しいと言われている品種なので、端っから収量は期待していませんでした。
ただただ掘りたての「栗ジャガ」が食べられるということだけを楽しみに栽培しています。

ジャガイモ「インカのめざめ」の栽培
▲インカのめざめ、初めて食べました。
少しクセのある味だけど、風味があってとても美味しいと思います。

20~30gくらいの極小のイモは自家製ペコロスと一緒に丸ごと肉じゃがにしました。
とれたては皮が薄いので、皮ごと使っても平気。
さらに小さな豆粒サイズのイモは、丸ごと揚げてフライドポテトにすると簡単で美味です。

貯蔵するイモは洗って乾かしてから冷蔵庫に入れました。
ジャガイモ博物館」によるとインカのめざめは休眠期間が30日程度で、芽が出ないよう冷蔵保存しておくのが良いそうです。
冷蔵保存すると甘みが増して、サツマイモみたいに甘くなるのだそうで、これがまた楽しみです。

---
ジャガイモ(馬鈴薯)
Solanum tuberosum
分類:ナス科ナス属

sponsors