スティック春菊の自家採種

sponsors

今週は雨がちっともやまなくて、全然畑に行けません。

種子が稔ったスティック春菊
5月下旬に花が咲いた畑のスティック春菊にタネができました。(6月24日撮影。)
花の根元が茶色く枯れ始めたので、これが熟した目安になります。

採種したのは6月下旬なので、開花からひと月くらいで種子ができた計算です。
採種した後、袋に入れたまま忘れていたので(ダメですね!)、先ほど整理して冷蔵庫に保管しました。

スティック春菊の自家採種
▲茶枯れた花の固まりをほぐすと、茶色い種子が出てきます。
たくさん採種できました。
これを紙に包み、次にタネをまく9月まで冷蔵庫に保管しておきます。

スティック春菊の種子
▲キク科の植物は発芽率が低いものが多いのですが、春菊の種子もまた発芽しにくいようです。
自家採種のタネには「しいな(未熟で発芽しない種子)」も多分に含まれていると思うので、少し多めに蒔こうと思います。

---
シュンギク(春菊)
Chrysanthemum coronarium
分類:キク科キク属

(種まきデータ)
播種:2009/9/10
発芽:2009/9/15
収穫:2009/11/20~
開花:2010/5/下旬
採種:2010/6/24

sponsors