イチジクのウィルス病

sponsors

イチジクの美味しい季節ですね。
しかし、悲しいかな、ワタクシの自家製イチジクの夢は遠く彼方へ消え去りました。
昨年の秋、大枚?はたいて買った「ヴィオレッタ」の苗は不治の病に冒されていたのです。

今年の春の、萌芽の時から「変だな?」と思っていました。
出てくる葉が、どれもこれもすべて斑入りだったからです。
冬に挿し木した小さな苗もまだらの葉ばかりでした。

モザイク病です。 orz
おそらく、購入した時から病気に冒されていたのでしょう。
落葉して葉が無い状態の苗を購入していたので、翌春になるまで分からなかったのです。

イチジクのモザイク病
2月に挿し木した苗。(2010年6月撮影)
親株と同じように、葉にはまだらの斑が見られます。
苗は土もろとも処分しました。

ちなみに、真冬に挿し木する「寒挿し」でも簡単に着きました。
3本挿し木してすべて成功です。

イチジクのモザイク病
▲モザイクっ!

ウィルス病は治す薬がありません。
治りませんから、捨てるしかありません。
購入したお店に事情を説明したら返金してもらえましたが・・・。
自家製イチジク・・・はかない夢でした。

sponsors