さつまいも掘り

sponsors

さつまいも畑
週末に畑のさつまいもを掘りました。
今年は「鳴門金時」の苗がなかなか入手できず、苗取り用のポット苗から自分で苗を作ったため、植えつけが大幅に遅れ、すべて植え終わったのが6月下旬でした。
上の写真は掘る前の畑の様子です。
「鳴門金時」を35本、「クイックスイート」を6本植えてあります。

さつまいも掘り
一人で掘るのは大変なので、今年は7歳と8歳の甥を二人、「助っ人」として駆り出しました。 私はつるを切る担当、子供たちは掘る担当です。

しか遊び盛りの男の子のこと、最初のうちは喜んで掘ってくれたんですが、4~5本ほど掘ったら飽き始めて遊び出し、ちっとも思うように働いてくれません。

「いい加減にしなさい!」
子供たちのおもちゃになった土ガエルが瀕死になったのを見て、近所中に響き渡るほど大声で怒鳴りました。

一人で掘るより2倍ほど疲れた気がします。

収穫したさつまいも(クイックスイート)
▲これは「クイックスイート」という、紅あずま系の品種。
サツマイモは普通はじっくり加熱しないと甘くならないのですが、これは電子レンジで短時間に蒸かし芋ができるのだそうです。国華園の苗でした。

植え付けが遅く、肥料もゼロなのですが、けっこう大きく育っていました。
「鳴門金時」はやや晩生ですが、「クイックスイート」の方は成長が早く育てやすいように思います。

さつまいもの葉
▲「鳴門金時」の葉(左)、「クイックスイート」の葉(右)。
品種によって葉の形やツルの色が違いますね。

「ねえねえ、アサガオの葉っぱに似てると思わない?」と子供たちに聞いたら、
「全然似てない。大きさが違うもん。」と言われてしまいました。
アサガオとサツマイモって同じヒルガオ科で仲間なんだよ、と言いたかったんですけどね。

---
サツマイモ(薩摩芋)
Ipomoea batatas
分類:ヒルガオ科サツマイモ属

sponsors