トキソウ(朱鷺草)

sponsors

トキソウの栽培
雨天が続く中、トキソウが咲き始めました。
このトキソウは数年前、花屋の隅に放置されていた処分苗を100円で購入したという、私が得意の「掘り出しモノ」です。毎年少しずつ花芽を増やしてきました。
今年はいつも2月に行う植え替えをしませんでしたが、タチカメバソウツクシスミレが飛び込んだ賑やかな鉢の居心地が良いのでしょうか、よく咲いてくれたように思います。
トキソウは日当たりの良い湿地などに自生する野生蘭なので、乾かさないよう土の上を苔で覆い、鉢の下には一年中受け皿を敷いたまま栽培しています。

トキソウの開花
▲淡いピンクの花。
径2cmくらいの小さな花です。
名前の由来は、花が朱鷺が飛んでいるような姿に似ているからと言われています。

Pogonia japonica
▲花の色が「トキ色」をしているからトキソウという名がついたという説もあります。
属名の「Pogonia」は髭(pogon)という意味がありますが、このモジャモジャとした唇弁が由来です。

ところで、一番上の写真をよ~く見ると、実はとても可愛い子が特別出演しているんです。

ニホンアマガエル
▲ほら、こんなに可愛らしいアマガエルがいました。
母の話では、雨が降る前日の夜にとても大きな声で鳴いていたそうです。
きっと男の子ですね。

---
トキソウ(朱鷺草)
Pogonia japonica
分類:ラン科トキソウ属 多年草

sponsors