怖がらないで~ マムシグサ(蝮草)

投稿日:

sponsors

現在、我が家の玄関先で来客を出迎えているのは、おどろおどろしい雰囲気を漂わせているマムシグサです。
この花の風貌を「怖い」とか「キモい」と言って嫌う人は多く、さらにそれに拍車をかけるような名前を持ち、その上「毒草」だったりするのですが、それでも私はこの花が好きなのだ!

 

確かに「可愛いタイプ」とは言えないけど、雰囲気あって面白いじゃないですか。
ほら、よく見ると、ちびまるこちゃんの友達の花輪くんに見えたりするよ?


葉には模様があるので、観葉植物的な楽しみ方もあり。


山で見る姿は50~100cmほどの大きなものが多いのですが、これは草丈30cmくらいです。何年か前に植えた時にはもっと大きくて、地下の芋も直径10cm以上ありましたが、肥料が足りないのか年々小さくなっています。
鉢で育てるには小さい方が都合が良いのですが、これ以上小さくすると花が咲かなくなるかもしれません。

鉢にはいくつかの野草を寄せ植えしてあります。
少し前にチゴユリの花が終わって、今はマムシグサが主役。秋にはミズヒキなどが咲きます。薄暗い藪の中をイメージして作りました。

---
マムシグサ(蝮草)
Arisaema serratum
分類:サトイモ科テンナンショウ属 多年草


山野草・茶花・野草牛島テンナンショウ 3号深 【山野草・茶花・野草】

sponsors