sponsors

オノマンネングサ(雄の万年草)

投稿日:

オノマンネングサ(雄の万年草)

オノマンネングサが咲きました。「覆輪マンネングサ」「斑入りオノマンネングサ」などの名で店頭に並んでいる、斑入りの園芸種です。 ▲立ち上がる茎の先にまとまって咲く黄色の小花。ひとつひとつの花はコモチマン...

続きを読む

コモチマンネングサ(子持万年草)

投稿日:

コモチマンネングサ(子持万年草)

隣家との境にあるフェンスから顔を出したコモチマンネングサ。道ばたや畦など、どこにでも生えている身近な雑草です。お隣の庭には一年中ワサワサと生えていて、こっちのエリアにしょっちゅう侵入してきます。いつも...

続きを読む

ハルリンドウ(春竜胆)

投稿日:

ハルリンドウ(春竜胆)

春に咲く小さなリンドウ、ハルリンドウ。吸い込まれそうな青色をした、妖精のような花です。ハルリンドウは日当たりの良い湿原などに咲く花です。ひと月ほど前に苗を購入し、縞アシやオトギリソウなど湿地の野草と一...

続きを読む

タチカメバソウ(立亀葉草)

投稿日:

タチカメバソウ(立亀葉草)

実生のタチカメバソウが咲きました。山地の渓流沿いに生えるムラサキ科の多年草です。湿った林下にひっそりと咲く様子をイメージして、クジャクシダと寄せ植えにしてみました。 ▲径8mm前後の白い小花に、中央(...

続きを読む

トガクシショウマ(戸隠升麻)

投稿日:

トガクシショウマ(戸隠升麻)

我が家で2度目の春を迎えたトガクシショウマ。昨年の春、あまり深く考えずにトガクシショウマの苗を買いました。後に周囲から、「難しいよ。」「植え替えると咲かなくなるよ。」などと一様に言われ、さらには、その...

続きを読む

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)

投稿日:

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)

空き地に群生しているヒメオドリコソウ。赤紫の帽子をかぶった姫君達が並び、みんなでこちらを眺めてるようです。風に揺れれば、その名のとおり本当に踊っているように見えたでしょう。 道ばたや空き地などでごく普...

続きを読む

クロヒメカンアオイ(黒姫寒葵)

投稿日:

クロヒメカンアオイ(黒姫寒葵)

地上部が枯れたレンゲショウマの根元で静かに咲きました。新潟県と富山県にのみ分布するカンアオイです。クロヒメとは新潟県糸魚川市にある「黒姫山」のこと。別名「クビキカンアオイ(頸城寒葵)」とも言います。▲...

続きを読む

小鳥達の南天

投稿日:

小鳥達の南天

毎年ほとんど実らなかった庭のナンテンに、今年は比較的実がよく付きました。6月の雨が少なかったからかもしれません。梅雨時期に開花するナンテンは、雨が多い年には実が付きにくいと言われています。▲6月中旬頃...

続きを読む

ウサギゴケ

投稿日:

ウサギゴケ

草むらのなかで、2匹のウサギがピョ〜ンと跳ねているように見えます。長い耳に、よく見れば顔まであって、ウサギゴケという愛称がぴったりです。本名は「ウトリクラリア・サンダーソニー」、南アフリカ原産の食虫植...

続きを読む

ノブドウの実

投稿日:

ノブドウの実

ノブドウに瑠璃色の果実がなりました。▲7〜8mmほどの小粒の実。ひとつひとつが微妙に違う色をしています。 ▲実の色の変化が見られるのもノブドウの楽しいところです。秋口には白い実も見られました。(07年...

続きを読む

sponsors