sponsors

シロホトトギス

シロホトトギス

日陰の栽培棚の上で純白のホトトギスが咲きました。今年の春、山草展の即売でシライトソウの苗を購入した時、このホトトギスが「オマケ」のように鉢の中にまぎれていました。茎の色に赤みがない特徴から、「もしかし...

続きを読む »

ケイビラン(鶏尾蘭)

ケイビラン(鶏尾蘭)

鉢植えのケイビランに花が咲いています。細い茎に白い小花を多数付け、小さな鈴がぶら下がっているみたいです。ケイビランは本州から九州の岩場に生えるユリ科の多年草で、写真は「ヤクシマケイビラン(屋久島鶏尾蘭...

続きを読む »

ムスカリ コモサム「プルモーサム」

ムスカリ コモサム「プルモーサム」

初夏に咲くムスカリの花。「グレープヒアシンス」と呼ばれる一般的なムスカリのイメージとは、姿形も花時もかけ離れていますが、これも正真正銘ムスカリの一種です。ふわふわとした薄紫のケイトウのような花が咲き始...

続きを読む »

チューリップ アントイネッテ

チューリップ アントイネッテ

気温が30度を超えてる日にチューリップの話題も何ですが・・・。アントイネッテは一重咲きの晩生種(Single Late)で、花色が黄色から赤へと変化するのが特徴です。4月下旬頃から咲き始め、昨日まで花...

続きを読む »

チューリップ クルシアナ ‘シンシア’

チューリップ クルシアナ ‘シンシア’

クルシアナは「レディーチューリップ(Lady Tulip)」あるいは「キャンドルスティックチューリップ(Candlestick Tulip)」とも呼ばれる原種のチューリップです。スーッと伸びる線の細い...

続きを読む »

チューリップ アバ

チューリップ アバ

目の覚めるような赤、豪華な八重咲きの大輪です。たった4球植えてあるだけなのですが、大きいので遠くからでも目をひきます。草丈は思ったよりも伸びなくて、20cm程と小さめです。花はとにかく豪華ですが、頭で...

続きを読む »

原種チューリップ プルケラ

原種チューリップ プルケラ

草丈10cmに満たない小さなチューリップ。中から親指姫が出てきそうな、メルヘンチックな花です。プルケラはトルコ〜中央アジア原産の、原種のチューリップです。小さな球根を10球、昨年12月に植え付けました...

続きを読む »

ラケナリア ビリディフローラ

ラケナリア ビリディフローラ

翡翠色の神秘的な花です。ラケナリアは南アフリカ原産のユリ科の球根植物で、別名ではアフリカヒアシンスともいいます。なぜか園芸店ではあまり見かけませんが、花色・花形ともに魅力的な品種がたくさんあります。秋...

続きを読む »

ホトトギス(杜鵑草、時鳥草)

ホトトギス(杜鵑草、時鳥草)

山野草の好きな人なら、「ホトトギス」と聞いて鳥よりも花を先に思い浮かべるかもしれませんね。ホトトギスは北海道から九州に分布する、ユリ科ホトトギス属の多年草です。その名の由来は、花弁の斑点を鳥のホトトギ...

続きを読む »

ヤブラン(藪蘭)

ヤブラン(藪蘭)

もともとは、隣人が栽培していたものでした。隣家との境界に種がこぼれ、ブロックの隙間で窮屈そうに咲いています。こんな場所に放ったらかしにされていても、何年も枯れないのですから、とても丈夫な花です。▲こぼ...

続きを読む »

sponsors