カタバミ科

スポンサードリンク

カタバミのサビ病

カタバミのサビ病

庭で「サビ病」にかかっているムラサキカタバミを見つけました。 サビ病は名前のとおり金属の錆(さび)に似たオレンジ色の粉が現れる病気です。 ▲葉の裏側にこびりついているオレンジ色の粉。 サビ病の病原菌はカ...

続きはこちら カタバミのサビ病

カタバミ(傍食)

カタバミ(傍食)

修理に出していたカメラが戻ってきたので、花を撮りに近所をぶらぶら歩きました。2月は花が少ない季節だけれど、足元を見れば、道ばたをテリトリーとする野草達はたくましく咲いています。▲カタバミの花は、誰もが知っている道草の定番。愛知ではほぼ一年中...

続きはこちら カタバミ(傍食)

オキザリス イナプス

オキザリス イナプス

雨の晴れ間を見計らったように、イナプスが咲きました。初夏から秋にかけて開花する夏咲きのオキザリスです。実はこれ、100円ショップのダイソーで買いました。小さな球根が2球入りで105円也。2年前の春に植え付けて、それからずっと植えっぱなしです...

続きはこちら オキザリス イナプス

ミヤマカタバミ(深山傍食)

ミヤマカタバミ(深山傍食)

日陰がちの花壇でミヤマカタバミが咲きました。カタバミと言えば庭にはびこる雑草がおなじみですが、これは山地の林下などに自生します。▲花径3cmほど、清楚な白花。園芸店で見られるオキザリスはカラフルな外国産ばかりですが、在来種にもこんなに美しい...

続きはこちら ミヤマカタバミ(深山傍食)

オキザリス トメントーサ

オキザリス トメントーサ

2年ぶりに花が咲きました。「勝手に咲く」みたいな強くてたくましい庭のオキザリス達を基準にして見ると、このトメントーサは少々デリケートです。花はポツンポツンとしか咲いてくれないし、昨年は開花すらしませんでした。とは言っても、難物というほどのも...

続きはこちら オキザリス トメントーサ

オキザリス ヒルタ

オキザリス ヒルタ

茎がひょろりと長く伸びたオキザリス。でも、これは徒長しているのではなく、このヒルタの特徴なのです。直立性で草丈が20〜30cmほどに伸びるので、木立ハナカタバミとも呼ばれます。這うように広がるカタバミのよくあるイメージとはかけ離れた姿です。...

続きはこちら オキザリス ヒルタ

オキザリスのダイコン?!

オキザリスのダイコン?!

たいていのオキザリスってのは、「とりあえず植えときゃ咲くでしょ」くらいの放任で育つ、ズボラなガーデナーには非常にありがたい花です。しかも、特に何をするわけでもないのに毎年ねずみ算式に増えてくれ、「私って、けっこう園芸の才能あるかも♪」などと...

続きはこちら オキザリスのダイコン?!

オキザリス スプリングチャーム

オキザリス スプリングチャーム

春にぴったりの、優しいパステルカラーです。スプリングチャームはタキイ種苗の登録品種で、原種のコモサから花色がピンク、クリームイエロー、オレンジの個体を選抜し、育種されたオキザリスです。3色の品種のうち、写真はイエローです。春咲きで、毎年スミ...

続きはこちら オキザリス スプリングチャーム

オキザリスの根洗風仕立て

オキザリスの根洗風仕立て

オキザリスはとにかくよく増えます。昨年の秋、植え替え時に球根がたくさん余ったので、ふと遊んでみたくなりました。余った球根で何ができるかな〜と考えまして・・・▲で、オキザリス オマーを根洗い風に仕立ててみました。▲「根洗い」とは鉢に何年か植え...

続きはこちら オキザリスの根洗風仕立て

オキザリス ルテオラ 'レモニー'

オキザリス ルテオラ 'レモニー'

草丈5cmに満たないとても小さなオキザリスで、'レモニー'という名前で出回ることもあります。毛深い葉が特徴で、秋から冬にかけて明るい黄色の花を咲かせます。他のオキザリスに比べると性質が若干弱いように感じるのですが、排水の良い用土を使いよく日...

続きはこちら オキザリス ルテオラ 'レモニー'

1  2  3

スポンサードリンク

Back Number