ユキノシタ科

スポンサードリンク

ヤマアジサイ「土佐緑風」

ヤマアジサイ「土佐緑風」

庭で咲いている「土佐緑風(とさのりょくふう)」という名のヤマアジサイ。 名前からも分かりますが、四国原産です。 コアジサイを少し大きくしたくらいの小ぶりな花で、薄いブルーのガクがまばらに付きます。 名前に「緑」が...

続きはこちら ヤマアジサイ「土佐緑風」

屋久島甘茶

屋久島甘茶

写真の紫陽花は「屋久島甘茶」。5年ほど前に園芸ネットの写真を見て、一目惚れして苗を購入しました。

続きはこちら 屋久島甘茶

ヒトツバショウマ(一葉升麻)

ヒトツバショウマ(一葉升麻)

ヒトツバショウマの涼しげな花が咲きました。ベニチガヤと寄せ植えにした根洗いです。秋の紅葉が美しいヒトツバショウマですが、今年は気が早く、既に葉が赤く染まっています。そばに置いていたハゼなども同じく真っ赤に紅葉しているので、日当たりが強すぎた...

続きはこちら ヒトツバショウマ(一葉升麻)

ヤマアジサイ「富士の滝」

ヤマアジサイ「富士の滝」

東海地方は2日から梅雨入りしました。肌寒い日が続いています。▲梅雨が似合う花、紫陽花。「富士の滝」という名のヤマアジサイです。ポワンとした小さな手まり状の花が可愛らしい品種です。▲純白、八重咲き。丸みのある花弁が優しげです。---ヤマアジサ...

続きはこちら ヤマアジサイ「富士の滝」

タンチョウソウ(丹頂草)

タンチョウソウ(丹頂草)

丹頂鶴の姿に見立ててタンチョウソウの名があります。鶴の頭部を花に、細長い首を茎に、羽根を葉にそれぞれ重ねてみると、なるほど確かに鶴の姿に見えるのです。岩場に生え、葉がヤツデに似ていることから別名「イワヤツデ(岩八手)」とも呼ばれます。丈夫で...

続きはこちら タンチョウソウ(丹頂草)

ピンクのアスチルベ

ピンクのアスチルベ

日陰の花壇に咲いたピンクのアスチルベ。隣家の影になり暗い場所なのですが、ぱっと明るくなった気がします。▲フワフワの花穂。花がいっぱいで重たいのかしら、首を傾げるように穂先が垂れています。▲キレイな葉。害虫の心配が無用です。丈夫でまったく手が...

続きはこちら ピンクのアスチルベ

ビビッドピンクのアジサイ

ビビッドピンクのアジサイ

東海地方は今日から梅雨入りです。昨年より1週間ほど遅れての梅雨入り宣言でした。梅雨の花といえば、やはりアジサイでしょうか。大株のマーガレットとカメレオンとの間に挟まれて、鮮やかなピンクのハイドランジアがひっそりと咲いていました。2年前、車で...

続きはこちら ビビッドピンクのアジサイ

那智アワモリショウマ(アスチルベ)

那智アワモリショウマ(アスチルベ)

アワモリショウマ(泡盛升麻)は、ユキノシタ科チダケサシ属の宿根草です。別名でアワモリソウ(泡盛草)とも呼ばれますが、いずれの名も、白い花が泡のように見えることから名付けられたのだそうです。学名の「Astilbe japonica」からも分か...

続きはこちら 那智アワモリショウマ(アスチルベ)

カメレオンハイドランジア ホバリア 'ホベラ'

カメレオンハイドランジア ホバリア 'ホベラ'

カメレオン・ハイドランジアは、オランダの育種家によって作出された、花色が変化するアジサイです。日本ではカメレオン、アメリカではカレイドスコープ(Kaleidoscope)と呼ばれていますが、これらはホバリア(hovaria)というハイドラン...

続きはこちら カメレオンハイドランジア ホバリア 'ホベラ'

アジサイの七変化

アジサイの七変化

東海地方は、昨日から梅雨入りしました。雨に似合う花と言えば、やはり紫陽花です。▲普通のハイドランジアです。うちの庭のアジサイでは最も古株で、子供の頃から見ています。毎年、6月上旬から紫の花を見せてくれます。しかし、今年は、一部の枝にピンクの...

続きはこちら アジサイの七変化

1  2

スポンサードリンク

Back Number