ゴマノハグサ科

スポンサードリンク

ヒメウンランカズラ(姫海蘭葛)

ヒメウンランカズラ(姫海蘭葛)

八重咲きアッツザクラの根元で咲いている、とっても「姫」なコロセウムアイビーです。今年の春、お世話になっている山草会の長老が「寄せ植えに使うといいよ。」と言って苗を分けてくれました。花の名は「ヒメウンランカズラ」だと教わりました。「ウンランカ...

続きはこちら ヒメウンランカズラ(姫海蘭葛)

ベロニカ スピカータ 「ロイヤルキャンドル」

ベロニカ スピカータ 「ロイヤルキャンドル」

青いロウソクのようなベロニカの花が咲き始めました。スピカータは直立する青い穂が美しい、ヨーロッパ原産のベロニカです。種小名の「スピカータ(spicata)」には「穂状の」という意味があります。「ロイヤルキャンドル」はイギリスのブルームス社に...

続きはこちら ベロニカ スピカータ 「ロイヤルキャンドル」

イワカラクサ(岩唐草)

イワカラクサ(岩唐草)

イワデンダの隙間からひょっこり咲いた薄紫のイワカラクサ。アルプスやピレネーなど、高山の岩場に生える小さな野草です。この鉢の主役はイワデンダですが、色々な花のタネが飛び込んでいて、先日まではヒメウズが咲いていました。他にもスミレやオトギリソウ...

続きはこちら イワカラクサ(岩唐草)

トキワハゼ

トキワハゼ

春に収穫したまま放ったらかしにしていたイチゴのプランターの中で、トキワハゼが知らない間に小群落を作っていました。ウチの庭に最もよく生える「雑草」の一つで、普段は見つけたらすぐに抜いてしまうのですが、薄紫の小さな花が群れて咲いている姿がなかな...

続きはこちら トキワハゼ

リナリア アルピナ

リナリア アルピナ

割れた素焼き鉢からあふれるように、実生のリナリア・アルピナが咲いています。岩場や砂礫地などに自生する、ヨーロッパ原産の高山植物です。▲径1cm程度の小さな花ですが、濃い紫とオレンジが鮮やかで個性的です。この花が青い「バックスバニー」に見えて...

続きはこちら リナリア アルピナ

ベロニカ 'オックスフォードブルー'とオオイヌノフグリ

ベロニカ 'オックスフォードブルー'とオオイヌノフグリ

おぎはら植物園で購入した、ベロニカ 'オックスフォードブルー'。別名'ジョージアブルー'とも呼ばれ、名前のとおり、鮮やかな青い小花がたくさん咲きます。苗が手元に届いた時は2月で、その時はすべて銅葉でしたが、暖かくなり、緑の葉がちらほら見える...

続きはこちら ベロニカ 'オックスフォードブルー'とオオイヌノフグリ

スポンサードリンク

Back Number