スミレ科

スポンサードリンク

斑入りタチツボスミレ(立坪菫)

斑入りタチツボスミレ(立坪菫)

桜の季節は同時にすみれの季節。 日本で最も個体数が多いと言われるタチツボスミレはソメイヨシノと同時期に咲きます。

続きはこちら 斑入りタチツボスミレ(立坪菫)

「タヅ姫」という名のスミレ

「タヅ姫」という名のスミレ

薄桃色の小さなスミレです。 このスミレには「タヅ姫」という可愛い名前があります。 「愛好家の間ではタヅ姫と呼ばれているのよ。」 3年前、スミレ展でこの花の苗を購入した時にそう教えてもらいました。 「姫」はヒメスミ...

続きはこちら 「タヅ姫」という名のスミレ

アリアケスミレ(有明菫)

アリアケスミレ(有明菫)

数日前、歩道の脇で満開のアリアケスミレを見つけました。 アスファルトと砂利の隙間で咲いていますよ。 ど根性ですね。 元祖(?)ど根性のスミレ(マンジュリカ)もご一緒です。 ふたつのスミレの競演がとても可愛...

続きはこちら アリアケスミレ(有明菫)

小さな花の季節

小さな花の季節

私は小さな花が好きなんです。 だから小さな花が咲く今が一年で最も楽しい季節です。 私の小さな庭に現在咲いている、小さな花たちをいくつかエントリーします。 ▲ムスカリ アズレウム Muscari azure...

続きはこちら 小さな花の季節

スミレの植え替え

スミレの植え替え

鉢植えのスミレをいくつか植え替えました。 スミレは種子がたくさんできるので実生で更新するのが簡単ですが、種子ができないものなどは秋に植え替えてやります。 たとえば、トリアシスミレは閉鎖花が咲かないし、斑入りのフレックルスは斑入...

続きはこちら スミレの植え替え

オオバキスミレ(大葉黄菫)

オオバキスミレ(大葉黄菫)

オオバキスミレが咲きました。近畿以北の低山〜亜高山に自生する黄花のスミレです。黄色のスミレは難物で、私にとっては高嶺の花のひとつでしたが、ついに手を出してしまいました。スミレに毒されている私は、最近、道ばたに咲く黄色のカタバミがキスミレに見...

続きはこちら オオバキスミレ(大葉黄菫)

純白のコスミレ

純白のコスミレ

白花のコスミレが咲きました。赤紫やピンク、白っぽいものまで、コスミレは花色の変化が多いスミレです。▲素心花。ピンクのコスミレよりも、おとなしい感じがします。▲距も白。茎も薄緑色です。▲薄黄緑色の葉。これはもともとは斑入りで、実生1年目には派...

続きはこちら 純白のコスミレ

慌て者のソロリア

慌て者のソロリア

花壇の中に1輪、ソロリアを発見。今年もスミレの季節がやってきました!・・・なんて言いたいところですが、何だかちょっと変なのですよ。▲地面すれすれで接写しています。私は最初、スミレの花がちぎれて地面に落ちているのだと思いました。鳥が運んできた...

続きはこちら 慌て者のソロリア

ビオラ ヘデラケア(パンダスミレ)

ビオラ ヘデラケア(パンダスミレ)

「パンダスミレ」の愛称で知られる、オーストラリア原産のスミレです。秋から春にかけて園芸店に苗が並んでいるのをよく見かけますが、他にも様々な名前が付いた札が付けられています。ランナーを伸ばして広がるので「ツタスミレ」あるいは「ツルスミレ」、タ...

続きはこちら ビオラ ヘデラケア(パンダスミレ)

シロスミレ(白菫)

シロスミレ(白菫)

中部以北の高山に見られる白花のスミレです。道ばたのスミレ達が盛りを過ぎた頃、静かに咲き始めました。ピンと葉を立てて咲く姿が「凛」としていて、私のお気に入りのスミレの一つです。▲径1.5cmほど、小ぶりの花。唇弁に紫色の筋が見られます。▲左の...

続きはこちら シロスミレ(白菫)

1  2  3  4  5  6

スポンサードリンク

Back Number